2
算数解説

分速→時速など単位変換のコツ

851
0
$$$$

$分速→時速、cm^2$$m^2$に変換するなど、単位変換の方法をご紹介します。

$分速↔時速変換$

そもそも速さとは「1単位時間あたりに進む距離」を表しています。

例えば、分速は1分当たりの進む距離のことです。

$5$分で$12km$走れるとすると、$1$分当たり$2.4$kmとなり、これが速さとなります。

この場合、$2.4km/min$となります。

これを時速に変換してみます。

まず、時速は$1$時間にどのくらい進むかを表しているので、$1$時間=$60$分に進む距離が分かればよいです。

$5$分で$12km$走れる場合、$60$分で$12×12=144km$進むので、$144km/h$ということがわかります。

$km↔m$変換は簡単ですよね。

進む距離の単位だけを変えればいいので

$144km/h=144000m/h$

となります。

$cm^2↔m^2変換$

一見複雑なのが、面積の単位変換です。

しかし、以下のように考えれば簡単です。

例えば、一辺が$1cm$の正方形をイメージしてください。

これは$1cm^2$です。

$1cm=0.01m$なので、一辺が$0.01m$の正方形と言い換えることができます。

この場合の面積は

$0.01×0.01=0.0001m^2$

つまり

$1cm^2=0.0001m^2$

ということが分かります。

丸暗記でもいいですが、忘れたときに解けなくなるというリスクがあるので、1から公式を作れるようにすると安心です。

投稿日:20211124

この記事を高評価した人

高評価したユーザはいません

この記事に送られたバッジ

バッジはありません。

投稿者

あーく
あーく
105
159480
使える数学、面白い数学の分かりやすい解説を心がけています。

コメント

他の人のコメント

コメントはありません。
読み込み中...
読み込み中