0

"ε-N論法を理解する" 例題の解答

320
0
$$$$

$ \displaystyle \lim_{n \to \infty} \frac{n+2}{n} = 1 $を示せ

$\epsilon - N$論法を用いて示す.

任意の$ \epsilon \in \mathbb{R} ^{+} $に対して$N$$\displaystyle \frac{2}{\epsilon}$以上の最小の整数とする.

この時,$ N \in \mathbb{Z} ^{+} $かつ$\displaystyle \frac{2}{\epsilon} \leq N $が成り立つ.

式を変形して$\displaystyle \frac{2}{N} \leq \epsilon $

$n$を任意の$N \lt n$を満たす任意の正整数とする.

この時$\displaystyle \frac{2}{n} \lt \frac{2}{N}$が成り立つ.

また,$ \displaystyle \vert \frac{n+2}{n} - 1 \vert = \frac{2}{n} $である.

以上から$\displaystyle \vert \frac{n+2}{n} - 1 \vert \lt \epsilon$が成り立つ.

上の議論を$\epsilon - N$論法に当てはめると$ \displaystyle \lim_{n \to \infty} \frac{n+2}{n} = 1 $となることが直ちに示される.

投稿日:20201130

この記事を高評価した人

高評価したユーザはいません

この記事に送られたバッジ

バッジはありません。

投稿者

北大1年生向けのアカウントです。北大の線形代数・微積分の履修範囲や興味のある範囲について情報を流していきます。質問も出来る限り対応します。一緒に活動してくれる人募集中です。

コメント

他の人のコメント

コメントはありません。
読み込み中...
読み込み中