1
大学数学基礎解説
文献あり

集合・論理の参考書

603
0
$$\newcommand{C}[0]{\mathbb{C}} \newcommand{div}[0]{\mathrm{div}} \newcommand{division}[0]{÷} \newcommand{grad}[0]{\mathrm{grad}\ } \newcommand{N}[0]{\mathbb{N}} \newcommand{Q}[0]{\mathbb{Q}} \newcommand{R}[0]{\mathbb{R}} \newcommand{rot}[0]{\mathrm{rot}\ } \newcommand{Z}[0]{\mathbb{Z}} $$

本稿はMathpedia上の記事「集合・論理の参考書」の移管記事です。元ページは こちら

現代数学の基礎としての基本的な集合論を解説する入門書においては、しばしば基本的な 位相空間論 も解説されている。そのような文献として、 松坂和夫『集合・位相入門』 には定評がある。また、 内田伏一の『集合と位相』 などは大学などにおいて教科書として指定されることが多い。原啓介の 『集合・位相・圏 数学の言葉への最短コース』 は比較的新しい本で、 圏論 を意識した集合・位相の説明をしている。ただし絞った内容を簡潔に書いている薄い本なので副読本として目を通すとよい。

参考文献

[1]
新井 敏康, 集合・論理と位相
[2]
原 啓介, 集合・位相・圏 数学の言葉への最短コース
[3]
斎藤 毅, 集合と位相
[4]
松坂 和夫, 集合・位相入門
[5]
内田 伏一, 集合と位相
[6]
斎藤 正彦, 数学の基礎
[7]
寺澤順, 現代集合論の探検
[8]
藤田 博司, 「集合と位相」をなぜ学ぶのか ― 数学の基礎として根づくまでの歴史
[9]
嘉田 勝, 論理と集合から始める数学の基礎
[10]
佐藤 文広, 数学ビギナーズマニュアル
投稿日:2022123

この記事を高評価した人

高評価したユーザはいません

この記事に送られたバッジ

バッジはありません。

投稿者

Mathpediaの運営を行っております。

コメント

他の人のコメント

コメントはありません。
読み込み中...
読み込み中