27

分数の足し算

3112
1
$$$$

問題
\begin{align*} \frac12 + \frac13 + \frac16 ~=~? \end{align*}

解答


$G$の元$g, g' \in G$に対して,$G$上の関係$\sim$
\begin{align*} g\sim g' \iff g' = h^{-1}gh~~~(\exists h \in G) \end{align*}
と定めると,これは同値関係になる;

$(\rm i)$ 反射律
 任意の$g \in G$に対して,$g = 1_G^{-1}\cdot g\cdot 1_{G}$であるから$g \sim g$
$(\rm ii)$ 対称律
 $g \sim g'$とすると,ある$h \in G$が存在して$g' = h^{-1}gh$となるが,
\begin{align*} g'=h^{-1}gh \iff hg'h^{-1}=g \iff (h^{-1})^{-1} g' (h^{-1}) = g \end{align*}
で,$h^{-1} \in G$より$g' \sim g$である.
$(\rm iii)$ 推移律
 $g \sim g'$, $g' \sim g''$とすると,ある$h_1, h_2 \in G$が存在して$g' = h_1^{-1} g h_1$, $g'' = h_2^{-1} g' h_2$とかける.よって,
\begin{align*} g'' = h_2^{-1}g' h_2 = h_2^{-1}(h_1^{-1}gh_1)h_2 = (h_1 h_2)^{-1} g (h_1 h_2) \end{align*}
となり,$h_1 h_2 \in G$であるから$g \sim g''$


 $\sim$による$g \in G$の同値類を$C(g)$と書くことにすると,$G$$\sim$による類別は,
\begin{align*} G=C(g_1) \cup \cdots \cup C(g_r) \end{align*}
とかける.各同値類は互いに交わらないので,
\begin{align*} |G| = |C(g_1)| + \cdots + |C(g_r)| \end{align*}
が得られる.
 ここで,$G$として対称群$S_3$を考える.一般に,$\sigma \in S_n$は互いに共通の数字を含まないいくつかの巡回置換の積でかける.すなわち,
\begin{align*} \sigma = (i_1 \cdots i_s)(j_1 \cdots j_t)\cdots (k_1 \cdots k_u) ~~~(s \geqq t \geqq \cdots \geqq u \geqq 1) \end{align*}
という形にかける.このとき$(s, t, \ldots ,u)$$\sigma$のサイクルタイプと呼ぶことにすると,$\sigma, \sigma' \in S_n$に対して,$\sigma \sim \sigma'$であることと$\sigma$$\sigma'$のサイクルタイプが等しいことが同値であることが示せる(ここでは省略する).
 $S_3$の全ての元に対してそれぞれサイクルタイプを計算すると,
\begin{align*} (1) &\longrightarrow (1) & (1~2) &\longrightarrow (2) & (1~3) &\longrightarrow (2)\\ (2~3) &\longrightarrow (2) & (1~2~3) &\longrightarrow (3) & (1~3~2) &\longrightarrow (3) \\ \end{align*}
となるから,$S_3$
\begin{align*} S_3 = \{(1)\} \cup \{ (1~2), (1~3), (2~3)\} \cup \{(1~2~3), (1~3~2)\} \end{align*}
と類別できる.ゆえに,
\begin{align*} & |S_3| = |\{(1)\}| + |\{ (1~2), (1~3), (2~3)\}| + |\{(1~2~3), (1~3~2)\}| \\ \iff &~3! ~~= 1 + 3 + 2 \\ \iff &~6 ~~~= 1 + 3 + 2 \end{align*}
両辺を$6$で割れば,
\begin{align*} \frac12 + \frac13 + \frac16 = 1 \end{align*}
を得る.

別解1


\begin{align*} \frac12 + \frac13 + \frac16 &= \frac{3\cdot 1 + 1 \cdot 2}{2 \cdot 3} + \frac16 \\ &= \frac56 + \frac16 \\ &= 1 \end{align*}

別解2


\begin{align*} \frac12 + \frac13 + \frac16 = x \end{align*}
とおく.両辺に$6$をかければ,
\begin{align*} & 6x = 3 + 2 + 1 \\ \iff & 6x = 6 \\ \iff &~x~=1 \end{align*}
投稿日:20201120

この記事を高評価した人

高評価したユーザはいません

この記事に送られたバッジ

バッジはありません。

投稿者

Re_menal
Re_menal
197
23908
16歳 代数や積分,級数についての記事を書きます!(2021 年時点) → 17 歳 (無限)圏論についての記事を書きます!(2022 年 12 月時点)

コメント

他の人のコメント

コメントはありません。
読み込み中...
読み込み中