7

ガロア理論③ 体上の多項式

494
0
$$\newcommand{bs}[0]{\backslash} \newcommand{ol}[0]{\overline} $$

はじめに

今回の記事は, ガロア理論① で扱わなかった体の性質を二つ扱います。今回は命題の証明が続くので若干ハードですが,どちらも今後の議論に役立つものです。

目次

1.体上の多項式環
2.可換環の極大イデアルによる商
3.系

体上の多項式環

$K$が体ならば,多項式環$K[x]$$\rm{PID}$(単項イデアル整域)である。

$I$$K[x]$の任意のイデアルとする。$I≠(0)$としてよい。
$I$$0$でない定数$a∈K$を含むならば,$aa^{-1}=1∈I$であるから$I=(1)$である。
以下ではそうでないとし,$I$に含まれる$0$でない次数最小の多項式を一つとって$g$とする。このとき,任意の$f∈I$に対し$f=gq+r,\deg r<\deg g$を満たす$q,r∈K[x]$が存在し,しかも$r=f-gq∈I$となるが,$r≠0$と仮定すると$\deg g$の最小性に矛盾する。よって$r=0$であるから,$I⊆(g)$
逆の包含関係は明らかであるから,$I=(g)$ □

体上の多項式環
  • $ℚ[x],ℝ[x],ℂ[x]$$\rm{PID}$である。
  • 一方で,$ℤ[x]$は整域であるが$\rm{PID}$ではない。
    たとえば,$(2,x)⊆ℤ[x]$は単項イデアルでない。実際,$f∈ℤ[x]$が存在して$(f)=(2,x)$と仮定すると,$g,h∈ℤ[x]$が存在して$fg=2,fh=x$
    この二式から$f=±1$のいずれかとなるが,$1∉(2,x)$に矛盾する。

可換環の極大イデアルによる商

$R$を可換環とする。以下の条件は同値である。
$(ⅰ)I⊆R$極大イデアルである。
$(ⅱ)R/I$である。

$(ⅰ)⇒(ⅱ)$
$a∈R$に対し$\ol{a}:= a+I∈R/I$とする。
$a∉I$すなわち$\ol{a}≠\ol{0}$として$J=I+(a)$とすると,$J$は極大イデアル$I$を真に含むイデアルとなるから$J=R$
したがって$1∈J$であるから$i+ar=1$を満たす$i∈I,r∈R$が存在する。
実は,このとき$\ol{r}$$\ol{a}$の逆元になっている。実際,$\bar{a}\bar{r}=\ol{ar}=\ol{1-i}=\ol{1}$となる。□
$(ⅱ)⇒(ⅰ)$
$J$$I$を真に含むイデアルとすると,$a∈J-I$が存在し,$\ol{a}≠\ol{0}$であるから仮定から$\ol{ab}=\ol{1}$すなわち$1-ab∈I$を満たす$b∈R$が存在する。
$a∈J$であったから$ab∈J$であり,$1-ab∈I⊂J$であることとあわせると$1=ab+(1-ab)∈J$を得る。
したがって$J=R$となるから$I$は極大イデアルである。□

上の命題から得られる系

以上から次の系が得られる。

命題 2

$K$を体とし,$f$$K$上既約多項式とすると,$K[x]/(f)$である($K$上の多項式とは,$K$の元を係数にもつ多項式を指す)。

命題$1$より$K[x]$$\rm{PID}$であるから,特に$\rm{UFD}$(一意分解整域)でもあるので,$f$$K[x]$の素元すなわち$(f)$は素イデアルとなる。
さらに$K[x]$$\rm{PID}$から$(f)$は極大イデアルでもある。
よって命題$2$より$K[x]/(f)$は体である。□

補足

証明の流れがやや複雑なので,用いた事実を挙げておく。$R$を可換環とする。

  • $R:\rm{PID}$$⇒R:\rm{UFD}$
  • $R:\rm{UFD}$$⇒R$の既約元は素元
  • $R:\rm{PID}$$⇒R$の素イデアルは極大イデアル
可換環の極大イデアルによる商
  • $ℚ[x]/(x)$は体である(系を参照せよ)。
  • 素数$p$に対し,$ℤ/(p)$は体である。
    $ℤ/(p)$が体であることを直接示すには,任意の$\ol{a}∈ℤ/(p)-\{\ol{0}\}$に対し写像$φ:ℤ/(p)→ℤ/(p),\ol{x}↦\ol{ax}$
    を考えて,$φ$が全単射であることをいえばよい(読者は確かめてみよ)。

お疲れ様でした。ここで述べた系はある重要な定理を証明する鍵になります。次回は,前回扱った「有限次拡大」に加えて別種の拡大を導入し,有限次拡大との関係を述べます。

投稿日:2023312

この記事を高評価した人

高評価したユーザはいません

この記事に送られたバッジ

バッジはありません。

投稿者

Qualtagh
Qualtagh
86
8138
数学徒 じゅけんせいのすがた 扱う分野:位相空間論 群論 環論 体論 位相幾何

コメント

他の人のコメント

コメントはありません。
読み込み中...
読み込み中