5

ガロア理論⑤ 最小多項式と単拡大について

1333
1
$$\newcommand{bs}[0]{\backslash} $$

はじめに

前回,代数的数を定義しました。定義から明らかに,$α∈L/K$が代数的数ならば$α$を根にもつ$K$上の多項式$p(x)$が存在するはずです。
そのような$p(x)$は無数にあるのですが,実はある条件を加えると一意に定まります。

目次

1.最小多項式
2.代数的数による単拡大

最小多項式

モニック多項式・最小多項式
  • 最高次係数が$1$であるような多項式をモニック多項式という。
  • $α∈L/K$に対し,$α$を根にもつ$0$でない$K$上の多項式が存在すれば,そのうち次数が最小かつモニックであるものを$α$$K$上の最小多項式という。

$α$$K$上代数的数ならば,最小多項式は確かに存在する。実際,$α$$K$上代数的であるから,$α$を根にもつ$0$でない$K$上の多項式$p(x)$が存在し,しかも$ℕ$の整列性から次数最小のものがとれる。必要であれば,$p(x)$の最高次係数を$c(≠0)$として$\displaystyle q(x)=\frac{1}{c}p(x)$とすると,$q(x)$$K$上のモニック多項式になる。

最小多項式の存在と一意性

$α∈L/K$$K$上代数的数とするとき,$α$$K$上の最小多項式は一意に定まる。

前に述べたことから最小多項式は存在するので,それを$p(x),q(x)$とする。もし$p(x)≠q(x)$なら,$p(x)-q(x)$$α$を根にもつ$0$でない$K$上の多項式となる。必要であれば,多項式を $c(≠0)$倍することで$r(x)=c(p(x)-q(x))$がモニックになるようにできるが,$\deg r<\deg p$となり$\deg p$の最小性に矛盾する。よって$p(x)=q(x)$ □

最小多項式の既約性

$α∈L/K$$K$上代数的数とするとき,$α$の最小多項式は__$K$上既約__である。

$α$$K$上の最小多項式$p(x)$$K$上の多項式$q(x)$が割り切るとする。このとき,商を$r(x)$とすれば$p(x)=q(x)r(x)$であるから,$q(α)r(α)=0$
体は整域であるから$q(α)=0$または$r(α)=0$であるが,どちらでも同じことになるので$q(α)=0$とする。すると$\deg q≤\deg p$であることと$\deg p$の最小性から$\deg p=\deg q$となる。
よって$r(x)$は定数となり,$p(x)$$K$上既約であることが示された。□

最小多項式
  • $\sqrt2$$ℚ$上の最小多項式は$x^2-2,ℝ$上の最小多項式は$x-\sqrt2$
  • $\sqrt2+\sqrt3$$ℚ$上の最小多項式は$x^4-10x^2+1$[1]

以上で,代数的数の最小多項式はただ一つ存在し,しかも既約であることがわかりました。これは_非常に嬉しい性質_です。


さて,読者の皆様は, ガロア理論② の最後で「$ℚ(\sqrt2)=ℚ[\sqrt2]$は偶然か?」という問いが残されたままなのを覚えていますでしょうか。その問いに答える準備がこれで整いました。

代数的数による単拡大

$α∈L/K$$K$上代数的数ならば$K(α)=K[α]$

$α∈L/K$$K$上代数的数とすると,$K$上の最小多項式$p(x)$が存在する。
$φ:K[x]→K[α],f(x)↦f(α)$は全射準同型であり,$\kerφ=(p(x))^{*1}$であるから,準同型定理より$K[x]/(p(x))≅K[α]$が成り立つ。
ここで,$p(x)$の既約性から$K[x]/(p(x))$は体$^{*2}$となる。
よってそれに同型な$K[α]$も体ということになるが,$K(α)$$\{α\}$を含む$L/K$最小の中間体であった。
したがって$K∪\{α\}⊆K[α]⊆K(α)$および$K(α)$の最小性から,$K(α)=K[α]$ □

$^{*1}$ $∀f∈K[x]$$q,r∈K[x]$を用いて$f=pq+r\;(\deg r<\deg p)$とかける。$f∈\ker{φ}$ならば$r(α)=0$となり,$\deg p$の最小性から$r=0$
したがって$\ker{f}⊆(p(x))$
逆の包含関係は明らか。

$^{*2}$ ガロア理論③ の系から従う。

系:$K$を体とし,$f$$K$上既約多項式とすると,$K[x]/(f)$は体である


これで,$ℚ(\sqrt2)=ℚ[\sqrt2]$が成り立つのは偶然ではなく,$\sqrt2$$ℚ$上代数的であることによって一致するのだということがわかりました。

代数的数による単拡大
  • $ℚ(\sqrt[3]{2})=ℚ[\sqrt[3]{2}]$
  • $ℚ(\sqrt2+\sqrt3)=ℚ[\sqrt2+\sqrt3]$
  • $ℝ(i)=ℝ[i]=ℂ$

ところで,たとえば

  • $\sqrt2$$ℚ$上の最小多項式は$x^2-2$$2$
  • $\sqrt[3]{2}$$ℚ$上の最小多項式は$x^3-2$$3$
  • $\sqrt2+\sqrt3$$ℚ$上の最小多項式は$x^4-10x^2+1$$4$
    でした。何か気づきましたか?ヒントは, ガロア理論② です。


[1]: 勘のいい読者は,これが本当に次数最小なのか疑問に思ったかもしれない。現時点でそれを証明するには,($2$次)×($2$次)または($1$次)×($3$次)の形に因数分解されたとして矛盾を示すほかない。
投稿日:2023314

この記事を高評価した人

高評価したユーザはいません

この記事に送られたバッジ

バッジはありません。

投稿者

Qualtagh
Qualtagh
88
10353
数学徒 じゅけんせいのすがた 扱う分野:位相空間論 群論 環論 体論 位相幾何

コメント

他の人のコメント

コメントはありません。
読み込み中...
読み込み中